Kuzunoha-NEのブログ

pythonの勉強中。

【GAS】Googleフォームで入力してもらった値をLogger.logに出力する

こんばんは、葛の葉です。

さて、Googleフォームという大変便利がいいWebアプリがありますね。

www.google.com

これとGASを連携し、GAS上のLogger.logに出力することが出来ます。

こんなGoogleフォームです

f:id:Kuzunoha-NE:20190214115619j:plain

問い合わせ内容の中身をGASで取得するようにします。

スクリプトエディタを開く

先ずはスクリプトエディタを開きます。開き方はGoogleフォームのエディタモードから右上のその他のボタン(黒点が縦に三つ並んでいるボタン)をクリックして、出てきたリストからスクリプト エディタをクリックしてください。

f:id:Kuzunoha-NE:20190214120204j:plain

そうしたらスクリプトエディタ画面に移行するはずです。下記のようなコードが記載されていると思います。

function myFunction() {
  
}

コードの記入

以下のように記入し、保存してください。(Ctrl + s)など。

function myFunction(event){
  var values = event.response.getItemResponses();
  var value = values[0].getResponse();
  Logger.log(value)
}

初めて保存する際はプロジェクトの名前を問われますので、お好みで。

トリガーの設定

スクリプトエディタ画面で「現在のプロジェクトのトリガー」ボタン(時計の形をしたボタン)があります。

f:id:Kuzunoha-NE:20190214122619j:plain

それをクリックしてください。そうしますと、G Suite Developper Hubというページに飛びます。右下の「トリガーを追加」ボタンをクリックします。

f:id:Kuzunoha-NE:20190214122702j:plain

実行する関数を選択myFunctionになっていることを確認した後、下部にスクロールした後イベントの種類を選択フォーム送信時に変更してください。

f:id:Kuzunoha-NE:20190214122841j:plain

保存をすればGoogleアカウントのことを聞かれますので、そこの対応をお願いします。

問題なければここで製作は完了しています。

実際にフォームに入れてみる。

f:id:Kuzunoha-NE:20190214121658j:plain

こんな内容のものを送信します。

スクリプトエディタに移動して表示-> ログとしてみてください。

f:id:Kuzunoha-NE:20190214121900j:plain

このようにログに出力されています。

Loggerlogの部分を変えてみましょう

例えば以前作成したDiscordに送信するための関数に渡してもよいでしょう。その他のチャットツールとかでも使えるんじゃないかなぁって思います。

kuzunoha-ne.hateblo.jp

kuzunoha-ne.hateblo.jp